気になるすそわきが、どこから臭う?

日本人の場合、10人1人は「わきが」と言われています。
さらに、陰部・デリケートゾーンの悪臭の原因、すそわきがは、100人に1人であるというデータがあります。
それほど低い確率ではないのです。

でも、すそわきがって一体どこから臭うものなんでしょうか?
すそわきがの原因は、汗腺であるアポクリン汗腺です。
この汗腺、実は陰部の周りにもきちんと存在しています。嫌な存在ですね。

すそわきがの元はどこか一部から臭ってくるものではなく、デリケートゾーン全体から臭っているといって良いでしょう。
女性の場合は膣全体、男性も生殖器全体から臭っているのです。
ですから、ケアをする場合は全体的に対策をとらないと意味がないのです。

ケアといっても難しくはありません。
基本的には陰部を清潔にするということが必要になります。

すそわきが、どうやって見極めると良いの?

下着セルフケアでご自身がすそわきがかどうか見極めることは簡単です、
まずは、自分で使用した下着でチェックすることができます。
先ほど紹介したアポクリン汗腺から発生した汗は、皮脂を含み、透明ではなくやや黄ばんでいます。

また、ニオイもあるので、パンツが臭い場合、あるいは、パンツに黄ばみがある場合は、あなたがすそわきがである可能性は高くなります。
放っておくと、下着だけではなく、ズボンにもニオイが付いてしまうので、注意が必要です。

すそわきがの場所ってあるの?

すそわきがのニオイとしては、ネギや酢、あるいは納豆、玉ねぎのツンとしたニオイと形容されることがおおいですが、一体どこから臭ってくるのでしょうか?

これは男性、女性によって変わってきます。

男性の場合

主に陰嚢(いんのう)や肛門回りです。
汗腺が陰嚢の表面に多数存在するので、すそわきがの匂いが発生します。

女性の場合

女性の場合は、外陰部(がいいんぶ)からニオイが発生することがおおいです。
これは女性器の体外に露出している部分です。Iラインの部分というと分かりやすいかもしれません。
また肛門回り(Oライン)にもアポクリン線は集中しているので、この近辺からもニオイを発生させます。

すそわきがって悪化するの?

入浴すそわきが対策として有効なことは、陰部・デリケートゾーンを清潔に保つことです。
但し、清潔にしたいばかりに、1日に何度も洗うことは厳禁。
皮膚に必要な皮脂まで洗い流してしまい、雑菌が繁殖、アポクリン汗腺が活性化し、逆に臭いを発生させてしまうんです。

また、食生活にも気を配ることも大切。
香辛料をたくさん使った料理、コーヒーやビール、脂っぽいものを摂取すると、ニオイの元になりやすいです。
まったく摂取してはならないということではなく、適量を摂るように努めると良いでしょう。

こんな対策は要注意!!

ワキガ専用の制汗剤、あるいはロールオンタイプのものなどは、すそわきがには向きません。
特に商品に防腐剤などが入っていると、痒みや肌荒れなどのトラブルが起き、それが原因でニオイの原因を悪化させてしまうことがあるんです。

今はすそわきが専用の商品が多数登場しているので、そちらを利用することがベター。
まずは少量から試し、少しずつ効果を実感していきましょう。