チチガ対策

チチガ
チチガは胸の周囲や乳輪付近が臭くなる病気です。
チチガはすそわきがと同じく、アポクリン汗腺の働きが活発になる事で起こります。
従って、対策としてはすそわきがに準じたものになります。

まずは日常生活を見直してみましょう。
脂質の高い食事や甘いデザートの類はアポクリン汗腺の活動を強めます。
その他、香辛料を多く使ったものやアルコール類の多量摂取もリスクになります。

ですので、バランスの取れた健康的な食事もチチガ対策には大事なことなのです。

そして、次にデオドラント剤や制汗クリームなどの利用も考えます。
チチガの発症箇所は体の中でも敏感なところですが、デリケートゾーンに発症するすそわきがに準ずる製品でもケアできる場所なので、そうした製品を選んでみましょう。

そして、特に夏場汗をかいたら臭い対策として下着類をこまめに取り替えるというのもチチガ対策では有効です。

チチガ治療

チチガの治療でまず考えられる治療法は乳輪部の「脱毛」。
これは乳輪部を脱毛することで、臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑える事が出来るからです。

ですので、クリニックに行く前にまずはムダ毛の処理をして見ましょう。
それでもダメなら、美容クリニックに行きチチガかどうか判断してもらい、デトックス注射などの治療という形になります。

こうした治療は根本的な治療にはならず、最終的には手術という形になるケースも少なくありません。

チチガ手術

チチガでの手術として現在注目を集めているものに「ビューホット法」というものがあります。
これは高周波によってアポクリン汗腺の働きを破壊するもので、治療痕もなく、再発の心配もほぼなく、しかも30分程度で治療が可能で従来のように麻酔やメスも使わない最新の手術という事で希望する人が多いのです。

さらに超音波によってビューホット法のように治療痕がなく手術できる「ウルセラドライ」や、「ビューホット法」と「ウルセラドライ」の効果を併せ持った「ペアドライ」という手術法も開発されており、チチガの手術は麻酔もせず「切らない」「治療痕を残さない」タイプが現在主流になっています。

ランキングバナー